三校合同子育て講演会を行ないました。

 11月1日(日)城南中学校体育館において「子育てシンガーmonトーク&コンサート『生まれてきてくれてありがとう』」をおこないました。monさんは、大分県出身、福岡県糸島市在住、二人の子を持つ子育てシンガーです。在日韓国人であり、自分が“いじめ”や“差別”を受けながらも、家族や担任の先生から愛されたことで今の自分があるということを、歌と語りで伝えていただきました。
 当日は、たくさんの保護者や地域の皆様に来校いただき、有意義な催しとなりました。三校合同講演会は、毎年行なっていますが、今年も三校が協力しての取り組みとすることができました。
271101子育てコンサート
スポンサーサイト

第3回佐賀コミュニティ・スクール研究大会を開催します。

 8月21日(金)に佐賀市新栄東3丁目のマリトピアで佐賀コミュニティ・スクール研究大会を開催します。平成25年から県内のコミュニティ・スクールを推進している学校間の交流を目的として開催してから3回目になります。
 佐賀県内では、5市1町で25校が指定され、それぞれに精力的に活動をされています。これを結びつけることを目的にしています。コミュニティ・スクールへの認知度も高まり、「地域とともにある学校づくり」の輪は広がっています。皆様の参加をお持ちしております。
右の資料室のトップに文書を掲載しています。
尚、佐賀市のホームページにも記載されています。
第3回佐賀コミュニティ・スクール研究大会

コミュニティ・スクール「お花飾り隊」の活動をしました

 日曜日です。今日は、朝からコミュニティ・スクール「お花飾り隊」の活動をしました。コミュニティ・スクールの地域活動支援部を中心にPTA父親委員会、地域の協力者などみんなで楽しく活動をしました。いつもの活動ですので、無理なく、楽しく作業を行なっています。永年行なっているので、根付いている実感を持っています。
 地域の支援者の方は、正にSWOT分析でいうopportunityですね。これは、机上論でなく、事実の積み重ねです。このように「継続性をもって続ける」ことが、コミュニティ・スクールの活動でもあります。
270628お花飾り隊

“お花飾り隊”通信を発行しました。

 城南中学校 “お花飾り隊”通信を発行しました。今回は、卒業式関係の特集です。卒業式に向けての「菜の花プランター植え」や「花束作り」などの卒業式に向けての準備をボランティアで行いました。文中に書いてある通り、菜の花は校内に咲いたものを使えず、他所からもって来ました。花の栽培一つをとっても難しいものです。
 卒業式に向けての準備を生徒・職員だけが行なうのではなく、地域ボランティアとともに行なっているのがコミュニティ・スクール城南豊夢学園の特徴です。コミュニティ・スクールに決まりはありません。地域の実情にあったやり方をしていけば良いのです。私たちは、共同実施やたくさんの学校事務業務をこなしながらコミュニティ・スクールを推進しています。出来るだけ負担感をなくして、活動はともに楽しく行なうことが大事です。
お花飾り隊通信

コミュニティー・スクール推進の記事が出る。

 ついに、地元紙(佐賀新聞)の3面記事(社会面)のトップにコミュニティ・スクール推進の記事が出ました。教育再生実行会議では、「全国すべての公立小中学校をコミュニティ・スクールにする」となっています。学校に「地域住民がつながり、まちづくりの拠点となる役割を期待する」となっています。
 コミュニティ・スクールを推進し、地域との結びつきを常に意識しながら業務を推進している城南中学校事務室としては、たいへんに気になる記事です。学校は、存在する地域の環境によっていろいろなことが期待されています。それぞれの地域実情にあったコミュニティ・スクールを推進していけばよいと思います。 
150226CS佐賀新聞

コミュニティ・スクールに生徒も参加しています。

 コミュニティ・スクールお花飾り隊の活動で正月の飾り付けを行ないました。このボランティア活動に昨年から有志の生徒が参加しています。地域住民の方と中学生との日常的なコラボレーションです。自分たちで製作すればこの飾りつけにも愛着がわいていることでしょう。コミュニティ・スクールを何年もやっていれば思わぬ成果が出るものです。コミュニティ・スクールに「何が正しいとか、正しくないとか」論議している実益はありません。体を動かして、実践するか否かが問題なのです。 
270109コミュニティ・スクール

第2回佐賀コミュニティ・スクール研究大会を開催しました。

 8月22日(金)佐賀市において第2回佐賀コミュニティ・スクール研究大会を開催しました。
・佐賀市・東島教育長の挨拶)
 佐賀県内では現在、7市町25校の取り組みが行われ、この大会が横のつながりを作るものとして開催されている。県内の約10%がコミュニティ・スクールの指定を受けている。予算の裏づけ、人的配置、PTA活動とのすり合わせ、広報のあり方等、課題も浮き彫りになってきている。しかし、学校は地域の共有財産であり、ますますの発展を期待する。
・城南豊夢学園・稲田会長の挨拶)
 「地域・保護者・学校の関係者みんなで中学卒業の姿に責任を持とう!」という気持ちで取り組みましょう。
・実践発表・福富小学校) 本年度1年目の現状と課題
・提言発表・小中一貫松梅校) 来年度導入予定とその準備について

・記念講演=今後のコミュニティ・スクールの方向性や重点内容
  文部科学省初等中等教育局参事官付学校運営支援企画官 出口 寿久 様
  コミュニティ・スクールは、H25年度の1,570校からH26年度は、1,919校に増えている。(この1年間で349校の増加)コミュニティ・スクールとは、いろいろな取り組みの形態があるが、保護者や地域住民が学校運営に参画する学校運営協議会のおかれた学校であると定義している。現代は、学校教育の限界がいわれており、求められているタテマエや形式的でない実質的な連携が必要である。
260822CS①
260822CS②

城南豊夢学園・第2回運営協議会を行いました。

 昨日の夜、城南豊夢学園・第2回運営協議会を開催しました。
協議の内容は以下の通りです。
① 学力向上プロジェクトの経過報告と今後の計画
担当;城南中  8月4日に3校合同職員研修会を行った。小学校からの「学習規律の確立」をテーマとした。

② まなざしプロジェクトの経過報告と今後の計画
担当;赤松小  あいさつ運動の徹底、中学生の出前あいさつ運動との連携について

③ 地域交流プロジェクトの経過報告と今後の計画
担当;北川副小 町区児童会に民生委員さん方も参加してもらっている。ふれあい夏まつり、鯱の門まつり、平和集会で近隣の佐賀東高演劇部の講演をしていただき、交流を行った。

④ 「地域とともにある学校づくり推進フォーラム」in下関の参加報告
 下関市で、コミュニティ・スクールへの予算がつけられている件について

⑤ 第2回佐賀コミュニティ・スクール研究大会について
 今回のテーマは、導入へのお誘いです。発表は、「導入期の現状と課題」及び「準備期の課題」を行います。
この内容で、コミュニティ・スクール3,000校プラン推進に資する研修内容とします。
 
※参考までに、②家庭掲示用のあいさつ運動チェック表を参考に載せています。

あいさつ運動用紙

お花飾り隊で「花苗と向日葵の種まき」活動をしました。

 日曜日の朝に集合し、コミュニティ・スクールお花飾り隊とPTA父親委員会、生徒の有志で「花苗と向日葵の種まき活動」をしました。向日葵の種をまく前に枯れた菜種の株を引き抜きバーク堆肥を混ぜて土作りを行いました。校門前の花壇は、花苗を植えましたが、ここもバーク堆肥を混ぜた土作りと乾燥防止のための堆肥を表面に貼りました。
 今回は、父親委員さんたちの参加が多く、かつてないメンバー数になりました。参加した生徒たちも「自分で作った花壇を見るのが楽しみで学校に登校する」と言っていました。みんなで心を合わせて作業するのは楽しいものです。皆で作る学校の第一歩です。
260628お花飾り隊③
260628お花飾り隊②
260628お花飾り隊①

6月29日に「種まきと花苗植え」の活動を行います。

 今年は、九州北部地方では雨が降らず心配していましたが、やっと梅雨らしい天気になりました。少しホッとしています。さて、例年のように夏に向けての「種まきと花苗植え」活動を行います。コミュニティ・スクールお花飾り隊、PTA,父親委員会、地域の方と職員が力を合わせて活動します。城南中学校を花と緑あふれるホット・ハートな学校にするために活動しています。皆様のご理解とご協力をお願いします。
 活動予定日時と集合場所  6月29日(日) 午前8:00~  城南中学校テニスコート西側に集合します。
・ 宜しくお願いします。
お花飾り隊260629活動

今年もコミュニティ・スクールの花が咲きました

 コミュニティ・スクールのお花飾り隊で丹精こめて育てている花が咲きました。去年の秋に植えて一冬を越しました。春になり、このように咲きました。地域の方々有志で集まってこられるお花飾り隊のお陰です。花が咲き乱れるのを見るのは楽しいものです。これらの花壇は、コミュニティ・スクール応援団の象徴のようなものです。
140408花壇
140408校門花壇

コミュニティ・スクールお花飾り隊でペンキ塗りをしました

 日曜日に自主的学校支援グループの“お花飾り隊”の活動をしました。卒業式に使う木製プランターのペンキ塗りをしました。早朝より集まっていただき、みんなで楽しく作業を行いました。ペンキ塗りは楽しいですね。メンバーがいろいろな会話をしながら仕事をしますので、メンバー間のコミュニケーションも取れます。このあと、花壇の世話も行いました。いつもながら、自主的に応援していただき、感謝するばかりです。
260310お花飾り隊
260309お花飾り隊1-2

北川副冬まつり=ほんげんぎょう

 今年も城南豊夢学園コミュニティ・スクールと北川副公民館がコラボして行っている「北川副冬まつり」が開催されました。メインは、毎年行っていますが写真の「ほんげんぎょう」です。子どもみこしや出店もある中、地域のつながりで佐賀東高校なぎなた部の演舞、城南中学校吹奏楽部の演奏が行われました。佐賀大学付属中学校の出展参加もあるなど地域的な広がりがみられた催しとなりました。
260112北川副ほんげんぎょう

城南豊夢学園三校合同子育て講演会

 11月30日(土)北川副小学校体育館において「城南豊夢学園 三校合同子育て講演会」を開催します。佐賀県出身(写真)の3名を育てた3人のお父さん方を招いてパネルディスカッションを行います。各界のトップランナーの親として、小中学校時代に子どもとどのように接し、どのように伝え、どのように応援し、どのように愛したかを語っていただきます。それは、英才かもしれない、放任かもしれない、本人の意思尊重派やサポートに徹する派かもしれません。それぞれの流儀を伺いながら子どもを育てるヒントを見つけたいと思います。
251130三校合同子育て講演会

コミュニティ・スクールお花飾り隊の活動をしました

 日曜日の朝8時から、コミュニティ・スクールお花飾り隊の活動を行いました。今回は、菜の花と紫花菜の種をまきました。菜の花については、数年、成果が出ていませんでしたので新しい方法を試みました。種をまいた後にバーク堆肥をのせてその上から水をたっぷりまきました。今年の夏は、たいへんに暑かったですね。この対策として、写真のようにエンジン付の散水機を購入しました。これが今回、役に立ちました。 
250929お花飾り隊1
250929お花飾り隊2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。