第2回生徒総会を行いました

 4月26日に第2回の生徒総会を開催しました。現在の役員は、年末に役員選挙を行い3学期から仕事をしていますが、役員体制発足時に1回目を行い総会は今回が2回目です。今回は、協議事項としてH24年度の決算とH25年度の予算そして各部より今年度の活動方針について協議しました。
 事務室としては、この生徒総会に「学校施設に関する要望」にお答えするという形で関わってきました。生徒の要望は、全く無理なものから建設的な提案で具体化できそうなものまで多種多様です。城南中学校事務室は、日常的に生徒と接触しているほうですが、このような機会を捉えて生徒と交流することは、学校事務職員冥利です。
H25②生徒総会
スポンサーサイト

コミュニティ・スクール運営協議会を開催しました

 4月18日に平成25年度の第1回・城南中学校運営協議会を開催しました。佐賀市教育委員会より改めて本年度より3ヵ年のコミュニティ・スクール指定の委嘱がありました。次に、運営協議会委員の辞令交付があり、本年度も学校代表として佐賀市教育委員会より校長と統括事務長が委員に任命されました。このあと、会長と副会長の互選があり、今年度の学校運営方針および教育計画の協議を行いました。
 コミュニティ・スクール推進計画の重点目標は、
① 専門部会の活動を活発にし、さまざまな実践を積み重ねることにより、城南中コミュニティ・スクールを活性化する
② 城南豊夢学園の組織を活性化し、校区内が連携した取り組みができるようにする。
 の2点が決まりました。
このあと、「学力向上部」「心育て・生活力向上部」「地域活動支援部」に分かれてグループ討議を行い、専門部の計画を作成しました。今年もコミュニティ・スクールがスタートしました。
H25城南豊夢学園CS構想

生徒机の天板を換えました。

 もうすぐ入学式です。新1年生を迎えるにあたって、落書きをされていたり、汚い天板の机を使わせたくないものです。机本体を買い換えるのは、高くつきます。そこで、天板のみを買って学校の作業で写真のように取り換えました。本体を買い換えるよりずいぶんと経済的です。
 学校の施設設備の管理・管財業務は、生徒指導と密接に関係しています。生徒指導なしに安易に買い換えるのは良くありませんが、充分な生徒指導をしても必要性が生じたときは、行います。
生徒机修理

花壇の花は今年も咲きました

 コミュニティ・スクールの皆さんと生徒で育てている花壇の花が今年もきれいに咲きました。チューリップの芽が出て、ふくらみ、花を咲かせるのは楽しいものです。これは、城南中学校のみんなが待つ春の楽しみになっています。
 この花の予算は、教育公務員弘済会の“花いっぱい運動”に応募してもらったものです。このように有意義に使わせていただいています。城南中学校では、このほかにもコミュニティ・スクールの花がたくさん咲いています。
250402花壇

佐賀県では、統括事務長の職が設置されました。

 今日は4月1日、新年度の開始です。佐賀県の共同実施は、統括事務長の設置に到りましたことを報告申し上げます。県内約44の共同実施組織とその責任者である管理職事務長があり、その上にこれを「管理監督し、業務の統括・調整を行うもの」として、県内の旧教育事務所単位に統括事務長をおくことになりました。統括事務長は、市町職員の身分と併せて教育事務所副所長の発令を行うことによって、同時に県職員の身分も持ちます。
 県の課長級で統括事務長は、県内に5名です。学校勤務で机は、学校にあります。
(佐城地区担当)佐賀市・小城市・多久市 (三神地区担当)鳥栖市・神埼市・三養基郡
(唐津地区担当)唐津市・東松浦郡  (杵西地区)武雄市・伊万里市・杵島郡・西松浦郡  となっています。
主な業務は、
① 地域内の学校運営支援室の取りまとめおよび業務内容の調整、指導・助言
② 支援室長(事務長・事務主幹)の指導・育成・研修関係      などとなっています。
 佐賀県の学校事務の共同実施による組織化の完成度は、ここまで来ました。県教委をはじめ関係教育機関から共同実施の執行状況が、良好との評価を受けています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。