全国学校事務共同実施連絡会セミナーを開催します。

 本年度も「全国学校事務共同実施連絡会(略称;事務共連)セミナー」を開催します。今年は、全事研大会が京都で開催されるために同じ京都で前日に開催します。場所は、立命館大学衣笠キャンパス・末川記念会館で行います。
 講師は、気鋭の教育学者 兵庫教育大学大学院 学校教育研究科 川上泰彦 准教授です。私たち学校事務職員の念願であった学校教育法37条が改正されました。また、地教行法や義務標準定数法に学校事務の共同実施が明記されました。従来は、通知で施行されていた共同実施が法制化され、新しい時代の到来が期待されます。
 川上先生に講演いただいたあとに、時代の流れを確認しながら、参加者の学びあいで進めていきます。貴重な学習の場になることでしょう。今回のセミナーは、全国で共同実施を積極的に推進している方、若しくは、推進しようとしている方であれば、会員外の方も歓迎します。参加希望の方は、事務局長 前田さんまで連絡してください。(gumoe427@yahoo.co.jp)定員は、40名を予定しています。先着順(会員優先)で定員になり次第締め切ります。参加費については、当日会場でお支払いをお願いします。
290801事務共連セミナー
スポンサーサイト

第40回佐賀県公立小中学校事務研究大会を開催します。

 第40回佐賀県公立小中学校事務研究大会を6月9日(金)佐賀市・アバンセにて開催します。本年度の大会は、「佐賀県職員採用一元化の見直し」行政説明と文部科学省による「改正義務標準法等に関する行政説明」を柱としてグランドデザインの改訂版、「学校事務職員の人事育成」を内容として行います。
 3月末に義務標準定数法や地教行法、学校教育法などが改正されました。私たち学校事務職員にとって大きな出来事です。共同実施が法律になり、「つかさどる」規定への改正など職務内容等にかかわる大きな変化が予想されます。このテーマを大会では研修します。大会冊子の資料編もこの方向で記載される予定です。

 学校事務をつかさどる者にとって、たいへんな勉強の機会となるものと思います。他県の方の参加も歓迎します。
申し込みは、資料編の下のほうに佐賀県公立小中学校事務研究会のバナーがあります。そこから佐事研大会要項を印刷し、申し込んでください。締め切りは、5月26日となっています。

第40回佐事研大会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。