第41回佐賀県公立小中学校事務研究大会を開催します。

 10月27日(金)に第41回佐賀県公立小中学校事務研究大会を行います。
今回は、アバンセが工事中のために会場がメートプラザ(佐賀勤労者総合福祉センター)となっています。
内容は、
① 佐賀県教育委員会 白水敏光教育長の講話
 「佐賀県の学校事務職員(教育行政職員)の進むべき未来」
② 佐賀大学大学院 学校教育学研究科 中島秀明教授 講話
 「学校事務の共同実施と法制化後の展望」
③ 佐賀市消防防災課 防災業務支援専門官 野田公明様
   佐賀市教育委員会学事課 学校事務指導員 吉原文雄様
  「佐賀市のおける防災の取り組み ~学校が避難所になった場合~」
④ 前熊本県学校事務研究協議会会長 藤川英一氏 講演
  「熊本地震を体験して ~地震発生から学校再開まで~ 」

特に③と④は、事務職員に求められる“危機管理”を特集しています。
この内容で秋の研究大会を開催することを報告申し上げます。
※ 県外の事務職員及び全ての大会内容に興味のある教育関係職員を歓迎します。

第41回佐事研大会
スポンサーサイト

学校事務とアドバイザリースタッフについて

 学校事務は、共同実施体制の中で従来の発想から越えたいろいろの業務を行ってきた。共同実施をコーディネートする事務長のみならず、組織的に発展してくると全体を調整する役目が必要になってきたようである。
 そこで、県単位や地域単位で「アドバイザリー・スタッフ」としての事務職員を配置することはいかがであろうか?この場合、ルーティン業務をもたず、全体の事務管理の調整やメンバーに事務業務のアドバイスや支援を行うことを主な業務とするのである。人材育成や学校事務全体を効率的・安定的に稼動させることがミッションとなる。
 しかし、学校事務のアドバイザリー・スタッフの業務は、前例がない。ミッションを果たすために自ら考えて行動することが必要となってくる。学校事務には、まだ手をつけられていない未開の分野が沢山存在する。
バルーン大会
  (写真は、本文とは関係ありません。  佐賀バルーン大会)