スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒総会は、学校事務にとって重要だ!

 先日行われた生徒総会に事務長として参加してきました。生徒総会に参加し、特に「学校施設に関する要望」を中心にこたえてきました。何のための学校事務でしょうか?最終的には、この場にいる「生徒たち一人ひとりの教育のために役に立っている学校事務なのか」学校事務の存在価値は、ここに帰結すると思います。すべての学校事務職員は、生徒総会など学校行事に参加し生徒の意識・生活状況・目の輝きを観察すべきです。このことが、学校事務職員にとって生きた研修(OJT)でもあります。
 総会の場で生徒会長は、「私は、生徒会長としていつも思うことは一つです。いかにして皆さんの役に立てるかを考えています」と話をしました。これは、組織マネジメントの「貢献contribution」そのものです。彼は、テキストを学ばずして既に「貢献」の意識を体得していました。
 「教育の視点に立った学校事務」を確立するためにも学校事務職員は、生徒総会などの学校行事に積極的に参加しましょう。
H24①生徒総会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。