佐賀県公立小中学校事務長会総会並びに研修会を開催しました。

 5月16日(金)メートプラザ佐賀において佐賀県公立小中学校事務長会総会並びに研修会が開催されました。会長挨拶では「佐賀県の共同実施は、全県統一して展開しており、それを牽引するのが統括事務長及び事務長です。事務長職にある限り初心の覚悟を忘れず、共同実施をマネジメントしていきましょう」との話がありました。以下、簡単に報告します。

Ⅰ 佐賀県教育委員会 教育長 池田英雄様の講演
 「小中学校の事務長に期待するもの」
 重要なのは、良好な人間関係である。若い職員が学校現場に入ってきている。最初が肝心であるので、事務長は今の若い事務職員のことをしっかり見てやって欲しい。
① 「コンプライアンスの徹底」教育に携わる公務員として何をなすべきか判断して欲しい。
② 「スピード感」知事部局と学校の違いはここにある。管理職には、特に求められる。
③ 「危機管理」情報管理能力・マスコミ対応能力・情報公開能力等が求められる。
 「従来の管理的な学校経営ではなく、組織マネジメント方の学校経営を行うよう心がけることが必要である。良い学校を作るために事務長の協力をお願いしたい」と締められました。

Ⅱ 佐賀大学文化教育学部 准教授 川上泰彦様の講演
「事務長の組織マネジメント‐学校組織の変化から考える」
 同じ職場でも勤務条件・勤務時間等が異なる職員が増え、これらの職員をつなぐために「調整役」が必要となっている。これからの組織マネジメントは、「違いをつなぐ」ことが重要となってくる。多様化する組織の中で、事務長は、違いをつなぐ重要な立ち位置にいる。と学校事務のこれからの業務発展性を指摘していただきました。

Ⅲ 平成26年度佐賀県公立小中学校事務長会総会
 主な役員は、会 長   古川 治(城南中学校・統括事務長)
        ・  副会長   山田 健二(大町小学校・統括事務長)
         事務局長 井手 和久(鹿島小学校・統括事務長) 
          企画部長 田中 広信(神埼中学校・統括事務長)
         調査研究部長 吉田 俊生(黒川小学校・事務長)などとなっています。

260526県事務長会総会並びに研修会