平成26年度第3回佐賀県公立小中学校事務長研修会を開催しました。

 1月27日(火)メートプラザ佐賀の大会議室において、昨年度に引き続き佐賀県の共同実施を支えている管理職統括事務長・事務長全員を対象として「組織運営リーダーシップ養成講座」を開催しました。
 今年度の研修の狙いは、
① 日々の仕事を円滑に進めるために、組織運営(ミッション、リーダーシップ、マネジメントなど)の特色を理解し、効率的な指示の出し方(上手に任せるコツ)を共有する。
② 部下の指導・教育(育成)を行なうために必要なポイントを共有する。
として開催しました。
※組織の3要素を以下のように考えてみました。
<共通目標>        組織が目指すべき目的
<協働意欲・貢献意欲> 共通目標を達成しようとする組織メンバーの意欲
<コミュニケーション>   個々人の意欲を、組織全体の目標達成の活動に結び付ける働き
 組織目標の実現のためには、部下に指示をし、成果を求めることではなく、部下のモチベーションを上げ、動機付けを行い、チャンスを与え、サポートすることが一番重要な仕事であり、そのためにはコミュニケーションが重要であることを学びました。

 共同実施は、責任者である事務長のリーダーシップがなければ成功はありえません。管理職事務長は、「考え方や気持ちを一般事務職員の時とは、変えなければならない」という当たり前のことを意識した研修内容になっています。共同実施という組織の運営責任者として「決意と覚悟」が必要であることを認識してもらう研修会となっています。
 今後も、管理職としてのリアリティ・ショックを受け止め、事務長自らの意識改革が図れるような事務長研修を継続していきます。


第3回事務長研修会